免疫細胞療法で完治を目指す!~がん治療を諦めない~

医療

免疫細胞療法で免疫力を上げよう

患者の持っている免疫細胞を体外で活性化させたのち、体内に戻して免疫力を上げる治療法を免疫細胞療法と言います。従来の放射線治療や抗がん剤治療といったがん治療と併用することができるため、相乗効果も期待できます。また、自分の免疫細胞を利用するため、体への負担も軽いのが特徴です。

聴診器

体力があるうちに治療を始めよう

従来のがん治療で効果が得られなかった場合でも、免疫細胞療法で効果が出ることもあります。食事や軽い運動などができる基礎体力があるうちに治療を行った方が効果が期待できるので、免疫細胞療法を始めるなら早いうちがおすすめです。

看護師

がん検診でがんチェックをしよう

がんは早期発見すれば完治も可能な病気です。全身に広がってしまう前に、がん検診を受けるべきですね。職場の健康診断や自治体が実施している検診を受ける他にも、がん検診を行っている内科で検診を受けることもできます。東京だけでなく、都筑区にも検診を受けられる病院があるので、探してみましょう。

がん検診の種類

  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診
  • 子宮がん検診
  • 乳がん検診
  • 前立腺がん検診
  • 胃がん検診

免疫細胞療法がベストとは限らない

免疫細胞療法は進行しているがんにも有効ですが、この治療法がベストとは限りません。抗がん剤が有効な場合もありますから、医師と相談し治療法を決めるべきです。また、免疫細胞療法にもいくつか種類があるので違いを見てみましょう。

免疫細胞療法の違い

活性化自己リンパ球療法

がん細胞を攻撃するリンパ球を取り出し、増殖させるだけでなく攻撃力も高めます。それを体内に戻しがん細胞を攻撃させるのです。「ガンマ・デルタT細胞療法」と「アルファ・ベータT細胞療法」の2種類があり、がんの種類などに合わせて使い分けます。

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞はがん細胞の目印をT細胞へ伝えるという役割があります。その樹状細胞を取り出してがんの目印を教え、体内に戻すのが樹状細胞ワクチン療法と呼ばれています。エレクトロポレーション法では、従来の方法よりも効果的にがん細胞を取り込ませることが可能となっています。

[PR]
プライマリーセルを販売中
細胞検査を成功させよう

広告募集中